プラスのイメージで不安を解消

昨日はクライアントさんへの電話カウンセリングでした。

先日実施した対面セラピーの「フォローカウンセリング」
という位置づけでした。

前回のセラピー後の経過を伺うと、

一番苦手としてるような場面には
まだ遭遇していないようでしたが、

日常のちょっとした出来事に対しては
以前よりもナチュラルでいられるとのこと。

良い感じで効果が現れているようでした。

そして、今日のカウンセリングのテーマを相談。

すると、やはり今後本当に緊張する場面で
大丈夫なのかが不安と言うことでした。



そこで、

未来をよりプラスに感じてもらうセラピーを実施しました。

実際に身体を動かしながら実施するセラピーなので、
電話越しに誘導しながら行いました。


すると、最初はなかなか浮かばなかった
プラスのイメージがどんどん膨らみ、

最後には、新たな仕事について海外でバリバリ働く
自分の姿がとてもリアルにイメージできたようです。


クライアントさんの声のトーンが明らかにやる気と
喜びに満ちたものに変化して行きました!

人間の脳は不安を感じながら喜びを
同時に感じることはできません。

常に意識の焦点は一点だけなのです。


ですから、

イメージによるプラスの感情が強くなればなるほど、
今感じるマイナスな感情は薄くなります。



その結果、

セラピー前の強い不安が吹き飛び、明るい未来を
すんなりとイメージできるようになったのです。


また最後に、
目の前のネガティブな出来事への正しい解釈方法
をご説明しました。

そしてこんな質問をしてみました。

「今の苦手な出来事が、もし何かを教えてくれている
としたら、どんなことを教えてくれていそうですか?」

「エ~なんだろう????」

としばしの沈黙。

「すぐには浮かんできません。」

と言うことなので、別の話をしていると、

「あっ!」と何かを思い出した様子。

先ほどの質問の答えがフッと浮かんできたようでした。

そして、クライアントさん自身が発する言葉に
ご自分で納得しながら説明してくれました。

今まで気が付かなかった、自分の“ある”思考パターンが
見えてきたようでした。

これは、彼女の中の単なる「苦手な出来事」に
プラスの意味が付け加えられた瞬間でした。

さらに、今の苦手な出来事の中に、
未来の自分に必要不可欠な要素も発見できた様子。

「よしっ!私がんばります!」
「なんだか未来は明るい気がしてきました!」

と最後にはパワフルに変身していただけました。

自信満々に変身!


やはりクライアントさんの弾む声を聞くのは
私にとって最高の喜びであり、癒し、
そしてモチベーションになります!

そんな素敵な1日でした。
ありがとうございます。




ブログランキングに参加しています。
記事が参考になりましたらクリックして頂けると嬉しいです!
クリックするとこのブログの順位が確認できます。


社会不安障害 ブログランキングへ


コメント


認証コード9154

コメントは管理者の承認後に表示されます。