なぜ、太平洋戦争は起きたのか?

今日は終戦記念日です。

太平洋戦争でなくなった日本人は
・兵士 230万人
・民間人 80万人

今日の日本はこれほどまでの多くの尊い命の
上に築かれている。

そんな過去に支払われた犠牲について
なかなか感謝の念を抱くことが少なくなって
しまっているかも知れません。

「戦争」



二度と起こしてはいけない。
そして巻き込まれてはいけません。

特に日本は唯一の被爆国です。

この事実を深く受け止め、先陣を切って
平和への訴えを広める必要が
あるのではないでしょうか。

ただその一方、被爆国という暗い過去を
背負っている日本だからこそ、
戦争という事実から目を背けている
のも事実です。

私たちが習った歴史の教科書でも
戦争時代の部分は何か後ろめたさを
感じてしまいます。

「すべては日本が悪かったんだ」

そして、よくこんな表現も耳にします。

「日本は今の北朝鮮のような国家だった」



私も以前は
「天皇陛下万歳!」
「神風ニッポン!」
が象徴するように、

かつての日本は狂人的な国家だったんだ!
と認識していました。

しかしある時から「本当にそうなのだろうか?」
という疑問が頭をよぎりました。

東日本大震災のときの世界から賞賛された
毅然とした日本人の対応。

自己主張より「和」を重んじる日本。

そんな日本が本当に狂人的な国
だったのだろうか?

確かに軍部の暴走を誰も止められなく
なったのだが本当にそれだけなのだろうか?

なぜ戦争に足を踏み入れたのだろうか?

本当に侵略国家の日本だけが悪くて
敵対国には非がなかったのだろうか?

というか、なぜ侵略したのだろうか?

原爆が落とされたことで太平洋戦争が終結した。
だから原爆投下は仕方がない
という意見は正しいのだろうか?

原爆や東京大空襲など、アメリカ軍の民間人居住区への
無差別爆撃は、罪にならないのだろうか?

そんな疑問を解消するために、戦争に関するさまざまな
書籍を読み漁りました。

そして、ある本に出会いました。

この本はアメリカに留学したある女学生が
授業で戦争について調べるというところから
スタートします。

アメリカのインターナショナルスクールには
韓国、中国、インド、日本などなどのアジア
諸国からの留学生が入り乱れています。

そして、ほぼすべての「外国人」は自分の国に
誇りと愛国心を抱き、しっかりとした歴史認識
を持っています。

しかし日本人である彼女は異国の地に来て
初めて気づきます。

「私って日本のことについて何にも知らない…」
「特に戦争については何にも知らない…」

そこで彼女はあることを思い出します。

「そう言えば、おいじいちゃんって軍人だったよね!」

いつもにこやかな祖父からは戦争の「せ」の字も
聞いたことのない彼女でしたが、思い切って
日本にいるおじいちゃんに手紙を送ってみました。

「おじいちゃん戦争のことを教えて」

かわいい孫娘の要望を真摯に受け止めた
おじいちゃんは、その答えをわかりやすく
手紙にしたためます。

・自分がなぜ軍人になったのか?

・なぜ生き延びられたのか?

・何が戦争を引き起こすきっかになったのか?

戦争に関わる「謎」を一つ一つ
おじいちゃんが孫娘にやさしく語りかけ
ながら解き明かします。

そして、彼女はアメリカの授業でその手紙を
発表します。

その結果、ある驚くべき現象が起きます…

戦争の実態を知らない私たちの世代。

そして平和や防衛について、今まで以上に
関心がもたれている今。

教科書には決して載らない事実を知ることで、
より平和の意味もわかるのではないでしょうか?

おじいちゃん戦争のことを教えて―孫娘からの質問状 (小学館文庫)




ブログランキングに参加しています。
記事が参考になりましたらクリックして頂けると嬉しいです!
クリックするとこのブログの順位が確認できます。


社会不安障害 ブログランキングへ


コメント


認証コード3153

コメントは管理者の承認後に表示されます。